ピアノ教室は個人宅とグループ教室ではどちらがいい?

ピアノ教室は個人宅とグループ教室ではどちらがいい?

 

子供にピアノを習わせるとき、個人宅のピアノ教室に通わせるのか、ヤマハやカワイなどのグループ教室に通わせるのかで悩む方が多いようです。

 

個人宅のピアノ教室のメリットは、一人ひとりに合わせた指導を受けることができることです。
基本的なエチュードは大体同じものであることが多いですが、副教材には生徒の希望の曲をレッスンしてもらうこともできます。マンツーマンなので先生と生徒の距離が近く、質問や希望を話しやすいというメリットもあります。

 

また高学年になって学校のクラブ活動や塾と時間が重なった時に、時間や曜日の変更をお願いしやすいこともあります。
そのためか、個人宅のピアノ教室に通っている生徒は、受験期間はレッスンをお休みしても、高校生になってから再開し、社会人になっても続けているという方が多くいます。音大へ進む生徒も多いです。ピアノをしっかり弾けるようにさせたいという方におすすめです。

 

ただ個人宅の先生は、医者と同じでどんなレベルの先生なのかがわかりません。音大を出ていても、成績が上位のほうだったのか、あるいは下位のほうだったのかで当然レベルが違ってきます。

 

またグループ教室の講師は研修などで指導法を学びますが、自分で勉強している先生なのか、そうでないのかはわかりません。どんな先生かを近隣の評判や、実際にレッスンを受けている方に聞いてみることが大切です。

 

グループ教室の最大のメリットは、合奏体験ができるということです。
1つの曲をみんなで息を合わせて演奏するということは、協調性の育成にもつながります。曲によっては、ピアノ以外の楽器を演奏することもあります。仲の良い友達と一緒に習えるので、楽しく音楽を学ぶことができます。
また、グループ教室の講師は試験に合格したり、資格を取得していたりするので、レベルは信頼できるでしょう。

 

グループ教室のデメリットは、みんな同じ教材で同じように進むシステムであることです。
1つの曲を上手に弾けるようになっても、他の多くの生徒がまだ弾けていなければ、次の曲に進むことはできません。逆に、自分はまだあまり弾けていなくても、他の生徒が弾けていれば、次の曲に進んでしまうこともあります。その場合、自分は弾けないんだと落ち込んでしまうこともないとは言い切れないでしょう。

 

先生選びは、子供が上達するかどうかが変わる大切なポイントです。最近では、個人宅のピアノ教室でも体験レッスンをしているところもあります。どちらも体験レッスンを受けてみて、子供と先生、親と先生の相性をみてから決めると良いでしょう。