子供がピアノ嫌いにならない方法と親ができること

子供がピアノ嫌いにならない方法と親ができること

 

子供にピアノが弾けるようになってもらいたいという親御さんも多いものですが、無理にピアノを弾かせようとして逆にピアノ嫌いにしてしまうというケースは少なくありません。

 

嫌なことをするのは誰でも面白くないものですから、強制されるようなやり方するとピアノ嫌いになってしまって逆効果ということもあり得るものです。
好きこそものの上手なれという言葉もあるように、好きになれば勝手に練習をして勝手にうまくなるものですが逆に嫌々やっているのであればなかなか上達というのは見込むことができなくなってしまいます。

 

そのため、ピアノを上達させたいと思うのであれば嫌いにならないように上手くリードをしてあげることが親として、大事な務めになります。

 

ピアノを弾けるようにさせたいと思って、子供が自発的に興味を持って練習をするようになってくれればこれが一番ですが、興味を持ってくれるかどうかというのはわかりませんから、ある程度は親が積極的に関心を引かせるためにピアノにふれさせることは大切なことになります。

 

大事なのはそこで無理強いをさせるのではなく、自然な形で興味をもつように導いていくことになります。
なかなか興味を持ってくれないとイライラしてしまって、無理矢理にでもピアノの前に座らせようとすることもあるかもしれませんがこれは絶対にしてはいけないことになります。
そのようなやり方をしてピアノが好きになるわけはありませんから、ただピアノ嫌いを育てるだけになってしまいます。

 

興味を持ってくれないのであれば、興味をもつようにさせる方法を考えることが大事であり、例えば子供が好きなアニメの主題歌などをピアノで演奏した物を見せるというのも良いでしょう。
好きなアニメの主題歌を演奏できたら楽しいよねということを子供に伝えることで、ピアノで弾けるようになりたいという気持ちを持つようになりそこから興味をもつということは珍しくありません。

 

ピアニストの姿などを見せて、上手にピアノを弾くことができるというのはかっこいいことだと教えるのも効果的です。
もちろん、このような方法で必ずしも興味を持ってくれるとは限りませんが、いろいろな方法を試してみて興味をもつように仕向けてみることが大切です。

 

子供というのは好奇心が旺盛ですから、何か気を引くようなアピールをすることができれば自発的にピアノを始めてくれますからいかに嫌いにならないように興味を持たせるかというのが親にできることとなります。