アップライトピアノの調律する頻度を教えてほしい

アップライトピアノの調律する頻度を教えてほしい

 

私は中学生の頃からアップライトピアノを
弾いていたのですが、2年ぐらい前から
楽しく感じなくなりました。

 

ただ最近はまた弾いてみようかなーと思っているのですが、
これまで調律を1〜2度したことがあるぐらいで、
ここ2年は全く調律をしていません。

 

通常、アップライトピアノの場合では調律はどれくらいの頻度で行うべきですか?

 

やはり2年以上経っていると調律はしたほうが良いのでしょうね。。

 

アップライトピアノ調律は半年〜1年に1度行ないましょう

 

 

ピアノは構造上、温度や湿度に音程が
左右される性質を持っているので、
季節ごとに調律することが理想的です。

 

しかしそれでは維持費がかかりすぎてしまいますので、
だいたいは半年〜1年に1回程度です。

 

 

ピアノの弦は常に引っ張られた状態になっているので、
使っていなくても時間が経つと音が変わってしまいます。
なので、相談者さんのピアノも調律した方が良い状況と言えるでしょう。

 

 

また、毎年コンスタントに調律しているとピアノへの負担も少なくなったり、
異変にも早く気付きやすくなったりできてより長くピアノを使うことができるので
定期的に受けることをおすすめします。

アップライトピアノの調律で気を付けたいポイント

アップライトピアノとは、一般家庭のレッスンや趣味、学校の音楽教育など幅広く利用されているピアノの種類です。グランドピアノと違いスペースを取ることなく上質な音楽を奏でることができるため人気の形となっています。ブランドによってはアップライトピアノの高さや外装デザインを選ぶことができ、ますます好みのピアノを手に入れられるようになっています。

 

サイズや価格を抑えてより身近な存在に感じられるようなピアノこそアップライトピアノの良さでありますが、もちろん精密なピアノに違いありませんので定期的なメンテナンスが欠かせません。お手入れをし、最低でも一年に一回は調律を行うべきでしょう。

 

長い間放置しているとピアノ内部に埃がたまったり、部品が劣化したり、あるいは害虫が住みついてしまったりすることもあります。そうなってしまってからでは修理までも必要になってしまいますので、しっかりとしたメンテナンスが必要なのです。

 

調律はプロによって行われます。メーカー、楽器販売店、自営事務所、ピアノ運送業者などに所属していることが多く、サービスや値段を考慮しながら依頼をします。ここで気をつけなければならないのは、どの業者に依頼するかです。

 

繊細な楽器だからこそ確かな技術を持ったプロにお願いできるよう、決して値段だけで安いからといって選んではいけません。逆に、安心の大手だからといって高額な費用を払う必要もありません。

 

楽器販売店や自営業者、そして運送業者もまたピアノの専門家であり経験値豊富なプロを雇っているため値段を抑えた質の高いサービスを提供していることが多く、不安に感じることはありません。実績と価格を加味してしっかりとした業者を選択しましょう。

 

そして、いざ業者にピアノを見てもらう際にもまた気をつけなければならないポイントがあります。
調律には専門の器具を使用するため作業スペースが必要になります。そのため、ピアノの上や周りの掃除を済ませてピアノカバーをはずし、楽譜などを片付けておきましょう。

 

ピアノを日頃から使っていると周辺に楽譜やヘッドフォン、録音用フロッピーディスクなどを置いてしまいがちですが、良い機会ですので整理整頓も行えます。作業には整調・調律・整音という3つの工程があります。

 

いずれも繊細な作業であり特にチューニングハンマーで音程を確認しながら合わせていく作業の時は、周辺で音を立ててはいけません。
できるだけ静かな環境にし、業者以外の人は退室するのが良いでしょう。
大切なピアノを少しでも長持ちさせて良い音を奏でられるよう、日頃からのメンテナンスと年に一度の調律を心がけましょう。